統制営址

統制営址

統制営址

Summary

  • Address 慶尚南道 統営市 洗兵路 27
  • management 統制営址
  • Tel 055-650-4681

朝鮮王朝後期三道水軍の本営だった統制営を復元・保全するため統制営地を史蹟と指定しました。 統営市 文化洞62番地にある統制営時代の客舎セビョングァンを中心に、 統営小学校(13,199㎡)、 昌原地方法院 統営支院・昌原地方検察庁統営支庁(5,745㎡)、 忠烈女子商業高等学校、 忠烈女子中学校(9,846㎡)、 統営税務署(1,782㎡)と現洗兵(セビョン)館境域を含む総。 41,022㎡に至る広い区域であります。 統営市はこれからも官衙30棟と12工房を復元する予定であります。 指定区域内の官庁、 学校の移転に合せ、 法院と検察庁舎の跡には運籌堂、景武堂、 内衙、 兵庫等を復元し、 統営小学校の敷地には百和堂12工房等を、 統営税務署の跡には中営・中営内衙を復元するつもりであります。 朝鮮王朝後期約300年間、 三南を号令した南海の関防であった統制営の威容を再現することで歴史と伝統、文化に秀れた自然環境が供に存在する統営の面貌を整え、 21世紀に...

Introduce

朝鮮王朝後期三道水軍の本営だった統制営を復元・保全するため統制営地を史蹟と指定しました。

統営市 文化洞62番地にある統制営時代の客舎セビョングァンを中心に、 統営小学校(13,199㎡)、 昌原地方法院 統営支院・昌原地方検察庁統営支庁(5,745㎡)、 忠烈女子商業高等学校、 忠烈女子中学校(9,846㎡)、 統営税務署(1,782㎡)と現洗兵(セビョン)館境域を含む総。 41,022㎡に至る広い区域であります。

統営市はこれからも官衙30棟と12工房を復元する予定であります。 指定区域内の官庁、 学校の移転に合せ、 法院と検察庁舎の跡には運籌堂、景武堂、 内衙、 兵庫等を復元し、 統営小学校の敷地には百和堂12工房等を、 統営税務署の跡には中営・中営内衙を復元するつもりであります。 朝鮮王朝後期約300年間、 三南を号令した南海の関防であった統制営の威容を再現することで歴史と伝統、文化に秀れた自然環境が供に存在する統営の面貌を整え、 21世紀に向った雄飛の足場を設けます。

統制営は三道水軍統制営の略称で、 三道水軍統制使が慶尚・全羅・忠淸道の水軍を指揮、 統括した本営であります。 宣祖25年(1592年)壬辰倭乱(1592~98 文禄・慶長の役)が勃発し、 連戦連敗していた陸軍とは違って全羅左水使李舜臣将軍の艦隊は連戦連勝して日本軍の所為'水陸並進作戦'を霧散させ、 存亡の危機にいた国を救いました。 そして、 翌年宣祖は当時職制にもなかった'三道水軍統制使'という肩書を作って李舜臣将軍に賜り、 三道水軍を指揮するようにしました。

初代統制使の李舜臣将軍は閑山島に新に陣営を開設して長期戦に臨み、 その閑山陣営が最初の統制営でありました。 丁酉再亂後に閑山陣営が廃墟になって統制営は戦勢に依りあっちこっち移る始末になりました。 戦乱が終った後も巨済島 烏児浦、 固城県 春元浦等地に移りながら落ち付きませんでしたが、 宣祖37年(1604年)9月9日允許をもらった第6代統制使 李慶濬が頭竜浦に統制営を移設してから統営の歴史が開きました。 宣祖38年(1605年)7月14日、 艅艎山の南に洗兵(セビョン)館を創建、 統制営の官衙を造ったことから、 統営は朝鮮王朝時代唯一の'軍事計画都市'と出発いたしました。 その後、 粛宗4年(1678年)第57代統制使の尹天賚が営門周囲の山稜線に沿って、 高4.6m、 長3.6㎞、 胸壁707個規模の平山城を積みました。

19世紀中葉統営城には4大門と2暗門、 そして3鋪楼があり、 洗兵館を始め100個以上の官衙が統制営の威風を支えておりました。 しかし、 日本の植民地時代、 城郭と官衙が壊され、 現在は統営城の一部と洗兵館だけが残って過去の光栄を寂しく証言しております。 今度、 史蹟と指定された統制営地が計画通り復元できると統営市民の矜持を高める'護国聖地' '観光名所'になるはずです。


文化財指定番号 : 史蹟第402号
文化財指定日 : 1998年 02月 20日


TOP